環境エンリッチメントを模索する旅(犬も猫も・伴侶動物たちのために)

猫も犬も私たちの暮らしの中でかなり善戦していると思います。

人が言う
○○して困る

ということは、犬や猫にとっては当然の正常な行動なのに
場所や時が不適切であるだけなのに、それを教えることもせず
犬には辛抱を強いるし
猫は閉じ込める。

動物園動物よりもその個々の環境エンリッチメントは貧しくないだろうか?

犬と猫のトレーナーとして、彼らに
「ありがとう」
の気持ちを伝えるために、犬猫のための豊かな環境エンリッチメントを考え
普及できたらいいなと思っています。

ナツメグダイアリーはドッグトレーニング、犬の環境エンリッチメントのサイト。
そしてこちらの

Cats rule the world.は猫たちの暮らしを豊かにしてあげるための深い思索をそして気づきを綴って行きたいと思います。

あなたの幸せと猫たちの幸せが重なり合いますように。
身体の健康と心の健康を同じようにに考えられますように。

不定期更新ではありますが、お読みいただけるとうれしいです。私のライフワークです。

犬のオンラインサロンは老舗になりました。
そこでは、犬も猫も同じように、しつけトレーニングできるよ、しなければね、しつけトレーニングはコミュニケーションなんだから、とお話ししています。

犬も猫も、もっともっとまじめに深く「暮らし」について考えてあげられないものだろうか?
と考えてのことです。
彼らは私たちの自然への案内人。彼らに学んで人生を豊かにと願ってます。

 

私がこれまでに受けたセミナーの中で最も感銘を受けた講師の動画です。

David Fraser: What do we mean by “One Welfare”?
For more information on UBC's Animal Welfare Program, please visit: by the Faculty of Land and Food Systems Learning Cent...

 

迷ったときは必ずここに帰ってきます。コロナ禍になる前に開催されて受講できて本当に良かったです。

人間も動物もみんな平等にと言うよりむしろ人間は後に続く存在

世界はそこから始まった。

と言うお話からスタートしました。

ここざっくり言うと

人間は何様?

なんだろうと思うんですね。

 

私が常にもやもやすることのひとつに

猫が野生動物を絶滅させる元凶とか言う自称先進的な愛護の人の意見がありますが

それを木っ端みじんに打ち砕くお話をされてました。

鳥が多く死ぬ原因は、光る高層ビルの窓ガラス。

野生動物をたくさんひき殺す自動車。

という現実的な数字を淡々と。それから先はそれぞれが考えることだから

「人が一番動物を殺している」

という答えは先生の口からは出ません。

気づきを待つわけですね。

だから、同じセミナーを受けても、気づきはいろいろだと思います。

コロナ禍で我々は多くを失いましたが多くを学びました。
人間も自然の一部であることも痛いほど学ばなくてはなりませんでした。

癒しのために犬猫を迎えた方も多いわけですが、どうぞ、小さな命に学び慈しみ、愛し抜いてあげてくださいね。
そしてできたら少しだけでも良いので、かられについて知る学びをお願いします。
きっと多くの気づきと、彼らにお返したい温かな気持ちが沸き上がってくることでしょう。

そのお手伝いができたらいいな、と
そういう思いでサイトを育てて行きたいと思います。

Cats rule the world.
どっちが上とかしたとか目くじら立てずに、命の規律に従い流れるように生きていけたら良いなぁ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました